注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

Arduino電子工作-LCDディスプレイ表示方法と使い方解説・まとめ

ここではマイコンの一つである「Arduino」と「LCDディスプレイ」を使ってディスプレイ表示する方法を紹介します。

 

LCDディスプレイに文字を表示させたい

配線方法・プログラムの基礎知識を知りたい

という方は是非最後までご覧ください。

 

では早速始めていきましょう!。

 

LCD Displayの基礎知識

LCDディスプレイ

まず「LCDディスプレイ」とは

LEDバックライトがあり、各行に最大16文字の2行を表示できるディスプレイ

のことをいいます。

 

また、ディスプレイ上の各文字の長方形と各文字を構成するピクセル値を見ることもできます。

ディスプレイの色は青色と白色のに2色構成となっており、プログラムから読み込んだテキストを表示するものです。

 

LCD Displayの各ピンについて

LCD1602の各ピンの特徴を見ていきましょう。

Vss:このピンはGNDと接続します。

VDD:このピンは+5V電源に接続します。

VO:このピンはLCD1602のコントラスト(色の見え方)を調整するピンで可変抵抗に接続するのが一般的です。

RS:このレジスタセレクトピンはLCDメモリのどこにデータを書き込むかを制御するピンでディジタルピン側の任意の場所に接続します。

RW:このRead/Writeピンは書き込みモードまたは読み込みモードを選ぶピンで使わなければGNDに接続します。

E:低いエネルギーが供給されたとき、LCDディスプレイに関連した命令を実行させるピンで接続先は任意です。

D0~D7:読み込みと書き込みデータのピンです。

A:アノードなので+5V電源へ接続します。

K:カソードなのでGNDに接続します。

 

各ピンの性能は使いながら覚えればいいので、まずはこんなピンの種類と特徴があるんだな程度で問題ありません。

 

LCD Displayの様々な種類

秋月電子通商では多数のLCDディスプレイがあり、その中でも使い勝手のよい16×2のLCDディスプレイはオススメです。

さらとオススメのLCDディスプレイを下記に記載しておきますね。

LCDディスプレイのオススメ

LCDディスプレイ(16×2行バックライト付き)700円(税込み)

LCDディスプレイ(16×2行バックライト無し)500円(税込み)

LCDディスプレイ(16×2行バックライト付き白抜き)800円(税込み)

他にもLCDディスプレイは種類があるので調べてみるといいですよ。

 

LCD Displayの配線とプログラム

それではLCDディスプレイを表示するまでの準備をしていきましょう。

 

LCD DisplayをArduinoと配線する

LCD DisplayとArduino、ブレッドボードなど配線するものを準備します。

LCD Displayの配線に必要なもの

Arduino MEGA 2560 R3本体(純正品・互換品など)

USBコネクタ

LCD1602 Display本体

ジャンパー線16本ほど

抵抗10kΩ 1つ

可変抵抗

ブレッドボード

これらの準備ができたら、下図のように根気よく配線をしましょう。

lcdcircuit

自分の場合、可変抵抗のネジを右回りに回すとLCDの明るさが大きくなりました。

 

また

可変抵抗の値

によってLCDディスプレイに文字が表示されたり、表示されなかったりするので、LCDディスプレイが表示されてない!と思った方は可変抵抗も調節してあげましょう。

 

LCD Displayを表示するプログラム

LCD DisplayとArduinoが配線できたら、「Arduino IDE」を使ってプログラムの作成&書き込みをしていきましょう。

作成したプログラムは以下の通りです。

#include<LiquidCrystal.h>LiquidCrystal lcd(7, 8, 9, 10, 11, 12);

 

void setup() {
lcd.begin(16, 2);   // 行/列の値
lcd.print(“Hello, World!”);  // 文章の表示
}

 

void loop() {
lcd.setCursor(0, 1);
lcd.print(millis() / 1000);   // 秒数カウント
}

includeで呼び出している「LiquidCrystal.hライブラリ」はLCDディスプレイを制御するための標準ライブラリとなっています。

 

また、lcd.beginはLCDディスプレイの行数と列数を宣言し

lcd.print(“○○”);

で文章または数字を表示することができます。

 

以上がLCD Displayを表示する基本的なプログラムになります。

loop()内では表示してからの秒数をカウントするプログラムとなっていて、1秒ごとにカウントしていきます。

 

また下図のように温度計とLCDディスプレイを使って現在の気温を表示させることもできますよ。

LCD

 

以上「Arduino電子工作-LCDディスプレイ表示方法と使い方解説」でした。

 

LCDディスプレイを使いこなせるようになれば、電子工作DIYの幅が広がるので是非マスターできるように頑張りましょう。

お疲れ様でした。

lcddisplay-top
学びに関する情報をチェック!