注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

書籍「一流の気くばり力」 を読んだ感想

  • 2019年10月29日
  • 2019年12月20日
  • 書籍

一流の気くばりはできていますか?

気くばり力仕方を紹介します。

 

一流の気くばり力の感想

 

みなさんは普段気くばりに気を付けているでしょうか?

今回は「一流の気くばり力」という書籍について紹介していきたいと思います。

 

 

この書籍では気くばりに必要な要素を5つに分けて

その総合力で気くばり力が決まると述べられています。

 

5つの要素の中にはそれぞれどのようなポイントがあるかが述べられています。

今回はその中から個人的に魅力の感じた

5つの気くばりを主観的な解釈で紹介します。

 

お願いします でなく お願いできますか?

お礼の速さ

リアクションを大きくする

会話のペースを合わせる

相手を名前で呼ぶ

 

またtakulaboではビジネスを始め様々な書籍を紹介しています。

書籍「できる課長はこれをやらない!」読んだ感想 ←できる社員の思考法がわかる

一流の人はなぜ風邪をひかないのか? ←風邪予防と対策

傾聴のコツ ←自分の伝え方・話し方も変えられる

 

お願いします でなく お願いできますか?

 

一流の気くばり:1項目目は「お願いできますか?」です。

 

普段から私たちはよく会話の中で「○○さんに電話お願いします。」

といった具合に頼むことありますよね?

これって見方を変えると、相手に電話をかけることを強制した言い方です。

 

大半の人は頼まれると断りにくいですよね?

それで断れずに自分のタスクが溜まることも・・・

 

ですから、相手にお願いするときは

相手が決定権を持てるように

 

「お忙しいところすみません○○さんにお電話お願いできますか?

 

と気づかった言葉で提案できると

お互いに気持ちよく会話できますよね。

 

お礼の速さ

 

一流の気くばり:2項目目は「お礼の速さ」です。

 

これは字のごとく「お礼の速さ=気くばり」であるということです。

 

反応・行動が早いほど感謝の表れや意識が強いということ。

 

友達にメールを送り、すぐに返信が来ると

嬉しいし、返信したくなりますよね。

 

お礼なので、感謝されて嫌な気持ちになる人はほとんどいません。

 

なので、食事に連れて行ってもらった後や

イベントなどでお世話になったときは

今していることを止めて即 感謝の返事を書くようにしましょう。

 

なによりもスピードが大切です。

 

余談ですが

飲み会が終わったときにお礼

帰宅したときにお礼

翌日会ったときにお礼

といった、飲み会終わった後は3回お礼という風潮もありますよね。

 

リアクションを大きくする

 

一流の気くばり:3項目目は「リアクションを大きくすること」です。

 

これは演技と言ってしまえばそれまでですが

それでも適度なオーバーリアクションは立派な気づかいと言えます。

 

例えば、上司がオヤジギャグを言ったとき

社員がみな苦笑いで反応が薄ければ、上司のメンツ・プライドが傷つきますよね。

 

それを察したうえで対応できるほど、気遣いが上手いということになります。

 

誰でも、自分の興味ない話を一生懸命聞いてくれていたら嬉しいですよね?

これも立派な気くばりです。

 

相手を楽しませるエンターテイナーとして気くばり上手といえるでしょう。

 

会話のペースを合わせる

 

一流の気くばり:4項目は「会話のペースを合わせる」です。

 

私たちには会話するとき、勢いよくしゃべる人 ゆっくり話す人

といった個人の会話のペースがあります。

 

このペースを合わせれると

自分と似たリズムで話す人だから、相性よさそう

という感じに親近感を抱きやすくなります。

 

逆にゆっくり話したい人が勢いよくしゃべる人と会話すると

自分が話すことを遠慮してしまい上手くコミュニケーションがとれないこともあるので注意ですね。

 

相手を名前で呼ぶ

 

一流の気くばり:5項目のは「相手を名前で呼ぶ」です。

 

これすごく大事だと思います。

 

相手を名前で呼ぶことは

他の誰でもない「あなた」を示す呼び名です。

 

例えば

あの、すみません、今お時間よろしいですか。○○さん、今お時間よろしいですか。

 

と言われたときどちらが嬉しいですか?

名前で呼ばれるほど、効果は高く

覚えてくれた→組織の一人として認めてくれた

という「承認」を感じれるからです。

 

なので、人の名前はなるべく早く覚え

あなたは私たちの仲間だ という気づかいができると素敵ですね。

 

 

以上「書籍「一流の気くばり力」を読んだ感想」になります。

 

個人的には新しい発見がたくさんありましたね。

気くばり力を上げたい方にはオススメです!

お疲れさまでした。

 

参考文献「一流の気くばり力」

著者:安田 正

出版:三笠書房

ISBN-10:4837927343

ISBN-13:978-4837927341

reading1
学びに関する情報をチェック!