注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

ブログの著作権・引用方法まとめ[画像,Twitter,本について]

ここではブログの著作権・引用方法についてまとめました。

画像・Twitter・本をブログで公開するのは著作権侵害にあたるのでしょうか?

また引用方法についても記載しているので、是非使ってみてください。

 

 

有名人の写真をブログに公開してよいか

blog

有名人や雑誌の写真などをブログで公開しても良いのでしょうか?

まずは憲法上の視点から検討してみましょう。

 

 

法律から見る写真の公開は?

 

これはかなり難しい問題となっており、「肖像権」の観点から見ると無断でインターネットに公開するのは肖像権侵害にあたると言えます。

 

肖像権とは、人の写真や動画を無断で公開してはいけない権利であり、公開により精神的苦痛を受けたり、不利益になり得る場合は肖像権侵害が認められます。

さらに、それが有名人の場合は「パブリシティ権」の侵害になる可能性があり、注意が必要になっていきます。

 

パブリシティ権とは

氏名や肖像等(肖像、サイン、著名、声、ペンネーム、芸名等識別情報を広く含む)有する顧客吸引力を排他的に利用する権利

(引用:パブリシティ権の憲法上の位置づけ

と定義されています。

 

 

したがって、有名人の写真を使って自社(自分)の商品を販売することは、パブリシティ権の乱用となり、パブリシティ権の侵害になります。

 

ファッション雑誌や週刊誌に記載されている有名人の写真を使うのも控えた方がよいです。

これは私たちが写真を撮ったわけではないため、「肖像権」の侵害にあたる可能性は低いですが

雑誌の編集者が有名人と肖像権の許可を取り、作った媒体になるので「著作権」にあたります。

 

よって雑誌や週刊誌から写真を載せるのも著作権侵害となりえます。

 

ですが、近年ではインターネットが急速に復旧しており、人物の写真や漫画の速報などは無断でブログに公開されているのが現状です。

 

これは出版社側もある程度は予測していることですし、ブログの公開によって利益に繋がる場合もあるので

著作物をブログで無断公開した所でクレームが飛んでくることはほとんどありません。

 

ただ憲法上の観点から見ると、指摘される可能性は十分にあるということだけ頭の片隅に入れておけばよいでしょう。

 

 

写真や文書の引用方法

 

写真や文章の引用では、出所を明確にして掲載する分には問題はありません。

 

引用

 

引用は「Wordpress」を用いる場合、上図の「❛❛」記号で表すことができるので、使ってみてください。

 

 

 

Twitterの著作権は

Twitter

Twitterの○○さんの意見をブログで紹介したい!

など日常的にあると思います。

 

そのときに、勝手にTwitterをブログで紹介しても良いのだろうか?

と一度は思ったことがあるでしょうか?

 

この真意はTwitterの利用規約をしっかりと読めばわかるので見ていきましょう。

 

Twitterの利用規約

まずTwitterのサービス利用規約3.本サービス上のコンテンツにおいて以下のように記載されています。

 

当社は、本サービスを介して投稿されたいかなるコンテンツや通信内容についても、その完全性、真実性、正確性、もしくは信頼性を是認、支持、表明もしくは保証せず、また本サービスを介して表示されるいかなる意見についても、それらを是認するものではありません。利用者は、本サービスの利用により、不快、有害、不正確あるいは不適切なコンテンツ、または場合によっては、不当表示されている投稿またはその他欺瞞的な投稿に接する可能性があることを、理解しているものとします。

(引用:Twitterサービス利用規約

 

要は、Twitterで発信される「内容の信頼性」について「責任は問わない」

と言っているわけです。

 

そのため、その情報を有益だと思うか思わないかは読者しだいというわけです。

 

また、このTwitterの著作権については

ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の承諾

において下記のように記載されています。

 

ユーザーは、ご自身が本サービス上でまたは本サービスを通じて送信、投稿または表示するコンテンツに関して、本規約で付与される権利を許諾するために必要な、すべての権利、ライセンス、同意、許可、権能および/または権限を有していることまたは得ていることを表明し保証するものとします。ユーザーは、ご自身が必要な許可を得ているまたはその他の理由により素材を投稿しTwitterに上記のライセンスを許諾することができる法的権限を有している場合を除き、当該コンテンツが著作権その他の財産権の対象となる素材を含むものではないことに同意するものとします。

(引用:Twitterサービス利用規約

 

つまり、Twitterには「著作権」その他の「財産権」は含まないと言っているわけです。

 

なので、Twitterは気にせずブログで使うことができます。

 

 

Twitterの埋め込み方法

ブログへのTwitter埋め込み・引用方法も簡単です。

 

SNS

 

上図の黄色マーカーで示した部分を「左クリック」

「</>ツイートを埋め込む」を選択するとHTMLコードが表示されるので、それをコピーしてテキストに貼り付けるだけです。

 

上記で示したように引用の記載はする必要がないため、口コミ集めには最適かもしれません。

 

 

本の引用はどこまでOK?

本の書評を書こうとしたとき、どこまで引用が許されるのでしょうか?

基本、本には著作権があり、文章をそのまま掲載することは著作権侵害にあたります。

 

これは論文を書く時も同じで、記載する場合は出所はどこになるのかといった「引用」を明示する必要があります。

 

引用とは言っても、正当な範囲内(数十文字程度)での引用は許されますが、何百文字といった長文の引用は著作権侵害にあたる可能性があります。

 

なので、引用にも限度があることを知っておきましょう。

 

一方、本を読んで自分なりの解釈でまとめる場合は著作権侵害とは言いにくいですが

本を参考にして得た知識ということで「参考文献」という形で本の詳細を記載しておくと良いです。

 

 

本の引用方法

本の引用方法は簡単で以下を引用や参考文献として記載しておきましょう。

 

題名

出版社

著作者

ISBNコード

 

ISBNコードは記載があると本を探すのに便利なので、任意で記載してください。

 

ちなみにISBNコードとは

13桁からなるコード番号によってあらわされ、書籍出版物の書誌を特定することができる

(引用:日本図書コード管理センター ホームページ

と記されています。

 

日本図書コード管理センターのHPに詳細が記載されているので、気になる方は調べてみてください。

 

また、題名、出版社、著作者は論文でも必須項目なのでこれだけは記載しておきましょう。

 

 

 

以上「ブログの著作権・引用方法まとめ[画像,Twitter,本について] 」でした。

インターネットが当たり前となった時代ですので、著作権はどうなるか?

などという問題が多発しています。

基本的にはインターネットでの拡散を周知の上なので、多少のことは「黙認」されます。

ですが、万が一のことを考えると著作権近辺の内容はしっかりと理解しておく必要がありますね。

 

お疲れ様でした。

 

 

 

ブログ著作権
学びに関する情報をチェック!