注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

Jetson nano 寸法・サイズ計測と底面ケースを作製する

  • 2022年2月13日
  • 2022年2月14日
  • JETSON

ここでは「Jetson Nano B01」の必要最低限の寸法・サイズの計測と底面ケースを作製する一例を紹介します。
この記事を読むことで

Jetson nanoの寸法・サイズ

簡単なケース例

を知ることができます。

 

Jetson Nano B01をケースに入れたい方、Jetson Nano B01本体を別パーツに固定したい方は是非ご覧ください。
それでは早速始めていきましょう!

 

JETSON Nanoの寸法計測~ケース作製

まずはJETSON Nanoの寸法を計測していきます。

JETSON Nano の寸法・サイズを計測する。

寸法・サイズをノギスで測ったものを2DCADに起こしたので、その数値を下図・下記に記載しておきます。

jetson_btm_scale

 

サイズ・寸法

・横:100.1mm

・縦:79.1mm

・ホール1:4mm, 4mm, φ3.2

・ホール2:10mm, 4mm, φ3.2

・ホール3:10mm, 17mm, φ3.2

・ホール4:4mm, 17mm, φ3.2

 

実際のスルーホールはφ2.6mmですが、φ3のネジが貫通するように設計しました。

 

jetson_btm_scale_02

後ろには、ナットが埋め込みできるように設計します。

 

JETSON Nano用の簡単な底面ケースを作製

Jetson nano の寸法・サイズが分かったら、実際にケースを作っていきます。

今回は、アクリル板を使ってサクッと作製しました。

 

jetson_btm_scale_03

 

スルーホールはタップで無理やりφ3mmに広げて、ネジが通るようにしました。

また、はんだ面は高低差があるためワッシャーを3、4枚ほど挟みます。

jetson_btm_scale_04

 

こんな感じで、底面ケースができたら完成です。

Google検索してみると、ちゃんとケースで作っている方々がいますが、自分は上に回路やセンサ等を載せたいので底面ケースのみにしました。

ケースの一例として、眺めてもらえたら幸いです。

 

お疲れ様でした。

jetson_btm_scale_thumbnail
学びに関する情報をチェック!