注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

Lightroomチュートリアル~基本的な使い方をまとめてみた

ここでは「Adobe Lightroom」のチュートリアルとして、基本的な使い方をまとめました。

 

この記事を読むことで

Lightroomの基本的な操作方法

Lightroomの各機能の使い方

といった、Lightloomの操作方法を一通り知ることができます。

 

Lightloomを初めて操作する方や、画像編集をこれから始める方のお役に立てれば幸いです。

それでは早速始めていきますね。

 

Lightroomの操作方法を知る

まずは「Lightloom」のソフトを立ち上げ、操作方法を確認していきます。

 

写真の読み込み方法

Lightroomを立ち上げると以下のような画面になるので、左上の

写真を追加

をクリックします。

 

Lr_tutorials_01

 

クリックすると、新しくエクスプローラーが開くので

1枚の画像: 画像を選択➡読み込む項目を確認

フォルダー全部: フォルダーを選択

と読み込む画像、フォルダーによって各々選択します。

 

Lr_tutorials_02

 

今回はフォルダーを一括で読み込んでみました。

フォルダーを読み込むと以下の表示になるので、読み込みたい写真にチェックが入っていることを確認し、右上の

○○枚の写真を追加

をクリックします。

 

Lr_tutorials_03

 

クリックすると、選択した写真が読み込まれます。

もし読み込みたくない写真がある場合は、追加前にチェックを外しておきましょう。

 

画面の操作方法

写真を追加すると以下の画面になります。

Lightloomではこの画面から編集などを行うので、これらの操作方法を覚えていきます。

 

操作画面で良く使う箇所は、以下の色で囲った部分になります。

※(G)などのカッコ内はショートカットを示す

操作画面

グリッド(G): 写真グリッド / 正方形グリッド

ディテール(D): ディテール表示

評価を設定(0~5): ☆マークを追加できる

グリッドサイズ: グリッドサイズの調整

編集項目: 編集、切り抜き、グラデーションなど

 

Lr_tutorials_04

 

グリッド(G)、ディテール(D)は下のように写真の表示形式を変えることができます。

 

Lr_G_Dcommand

 

続いて、編集項目について紹介します。

 

Lightloomで画像編集する

ディテール(D)表示にして、右側にある

「編集モード」もしくはショートカットキー「E」

をクリックし編集していきます。

Lr_tutorials_05

 

Lrの編集モード

編集欄にある

編集-ライト

コントラスト: 明暗差の調整

ハイライト: 明るい箇所全体の明暗調整

シャドウ: 暗い箇所全体の明暗調整

白レベル: 最も明るい箇所の明暗調整

黒レベル: 最も暗い箇所の明暗調整

などのスライダーを動かすと、それぞれの効果が適用されます。

Lr_tutorials_06

 

元画像を表示させて、変化を比較したい場合は

元画像を表示(ショートカット: \ )

をクリックすることで変化を比較することができます。

 

また

各スライダー項目名をクリック

することで、スライダー値を初期化することができます。

 

Lr_Edit

 

「カラー」、「効果」といったスライダーを一括で初期化したい場合は、これらの項目名を

右クリック>カラーを初期化

とクリックすることで、カラー項目に含まれているスライダー値全てを初期化することができます。

Lr_tutorial_17

 

かすみの除去

またLightloomでは

編集>効果>かすみの除去

から簡単にかすみの除去を適用することができます。

 

かすみの除去:100% ↓↓

Lr_tutorials_07

かすみの除去:-100% ↓↓

Lr_tutorials_08

 

周辺光量補正

かすみの除去以外にも

編集>効果>周辺光量補正

という機能を使って以下のように画像を編集することができます。

 

周辺光量補正:100% ↓↓

Lr_tutorials_09

周辺光量補正:-100% ↓↓

Lr_tutorials_10

 

さらに

編集>ジオメトリ

からは画像のスケールやオフセット位置も変えることができます。

Lr_tutorials_11

 

上記のように編集したものは、右下の

プリセット

からプリセットの保存、プリセットの呼び出しを行うこともできます。

Lr_tutorials_16

 

このように「編集モード」だけで様々な画像編集ができます。

 

Lrの切り抜きモード

続いて

切り抜き(C)

機能について解説します。

 

Lr_tutorials_14

 

切り抜きの

縦横比 4×3 ▼

から切り抜きサイズを任意に決めることができます。

 

また

反転と回転

から画像の垂直、水平方向の回転や左右回転を行うことができます。

 

画像の向きやサイズを変えたいときは、切り抜きモードで編集を行いましょう。

 

Lrのグラデーションモード

最後に、Lightloomのグラデーション機能について紹介します。

グラデーションモードにしたら、ドラッグしてグラデーション範囲を設定しましょう。

 

ドラッグした範囲がグラデーション適用範囲となり、各効果を反映させることができます。

円形グラデーションも同様です。

 

Lr_tutorials_15

 

Lrで使うその他のショートカットキー

グリッド切り替えの「G」や元画像を表示「\」といったショートカットキーを紹介してきましたが、他にも必須のショートカットキーがあるので紹介します。

 

編集をリセット

各項目、各スライダーごとに値をリセットすることもできますが、Lightloomで編集した効果を一括でリセットすることも可能です。

 

編集をリセット: Shift+R

のショートカットキーをクリックすることで、編集を一括でリセットすることが可能です。

ただし、このリセットを使うと「Ctrl+Z」でしか戻すことができないので注意してください。

 

Lr_tutorials_12

 

写真を書き出し

編集した写真を書き出すショートカットキーも必須なので、紹介します。

 

写真を書き出し: Shift+E

をクリックすることで、書き出しモードに画面が切り替わります。

 

この画面の右側では

ファイル形式: JPGなど

画質: 100%など

ファイル名: 元画像など

と変更することができるので、こちらも覚えておきましょう。

 

Lr_tutorials_13

 

以上がLightloomの基本的な使い方になります。

他にも修復ブラシ、ブラシ機能などがあるので、是非ご自身で操作してみてください。

 

お疲れ様でした。

Lightroom_basic_tutorial_top
学びに関する情報をチェック!