注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

頭に来てもアホとは戦うな!ストレスなくす5つの方法と読んだ感想

  • 2019年12月17日
  • 2019年12月20日
  • 書籍

 

今回は「頭に来てもアホとは戦うな!」を読んだ感想と

その上で役立った考え方や知恵を紹介していきたいと思います。

 

アホと戦うな!

 

本

 

書籍「頭に来てもアホとは戦うな!」を読んで役立った考え方を厳選して紹介していきたいと思います。

タイトルにもあるように「ストレス」で日々悩んでいる方に向けた内容となっています。

アホと闘わず、無駄なストレスを無くしていきましょう!

 

 

それではさっそくアホと戦わないための考え方とストレスを減らすための知恵を「5つ」紹介していきます。

 

 

 

何度も振り返らない

 

時間

 

上司に嫌みを言われた、部下と言い争いになった

など人それぞれ悩みはあると思います。

 

この悩みを次の日も、その次の日も振り返り

「上司マジ最悪」とか「あの人なんであんなに頭固いの」

とイライラしていませんか?

 

私たちは嫌なことがあると、終わったこといつまでも「こだわる」人が多いです。

ですが、過去は過去で戻れる訳ではありません。

過去を、終わったことを振り返っても「イライラ」するだけで

自分で自分の傷口を蒸し返しているのと同じ状態にあるわけです。

これでは余計なストレスを感じ続けてしまいます。

 

なので、いっそ気にせず

イライラする時間、傷口を蒸し返す時間を

人生を楽しむための時間に変えてみましょう。

趣味に時間を費やしたり、食事にいった方がよっぽど人生楽しいと思いませんか?

 

 

 

やられたフリをする

 

頭に来るような人は必ず1人、2人はいるでしょう。

そんなときは、「やられたフリ」をしてみましょう。

これは良い意味で、相手の力を上手く使うということです。

 

頭に来る人はそれなりに、文句を言ったりしていれ、皆に好かれていないでしょう。

それを逆手に取る訳です。

敢えて「あなたには参った」と思わせることで、こちらの味方にしてしまい

自分のために利用した方が生産性が良いです。

 

味方にすれば、無駄な争いも避けれますし、情報収集源も増やすことができます。

合気道と同じで相手が攻撃してくる力を利用して、自分が上手く立ち回れるようになれば

ストレスもかなり減らすことが出来ると思います。

この考え方は上手いと思いましたね!

 

 

 

腰を低くする

 

これは僕も実践していますが、「自分は偉いんだ」という人は

人を見下す傾向が高く、お互いにストレスの原因になります。

 

お互いストレスがないように接するにはどうしたら良いか?

それは「腰を低くする」です。

腰を低くするからと言って「なめられる」というわけではありません。

 

腰を低くすることで、相手の動きをある程度コントールできるということです。

上から目線で話していれば、必ず「陰口」などで攻撃を受けます。

ですが、腰を低くし

「相手を認め、否定せず、尊敬すること」

が自然とできれば、相手があなたを攻撃してくることはほとんどなくなるでしょう。

 

嫌な相手でも、接し方一つ変えるだけで、「ストレスを減らす」ことができるので

腰を低くして接する方法はアリだと思いましたね。

 

 

 

職場で息苦しいとき

 

職場や学校など息苦しいと思うときはありますか?

極論「人生は理不尽だらけだ」と思って現実を受け入れてしまえばそれまでですが

それはそれで、嫌ですよね。

そんなときは「どうしたら面白くなるか?」を考えてみましょう。

 

環境や周りの人へ「不満」を漏らしても、変わることはほとんどありません。

すぐさま変えられるのは「自分」だけです。

なので、明日から職場の人全員に挨拶をしてみるとか

普段喋ったことのない人に話しかけてみるとか

やってみると意外に知らなかったこともあったりします。

こういった少しの変化が積もりに積もって楽しいと思える職場に変わるのではないでしょうか。

 

あくまでも「人生の主人公は自分自身」なので

損してでも、まずは行動あるのみだと改めて思いましたね。

 

 

 

人を恨まない

 

○○さんのせいで怒られた、失敗した

など人を恨むことありませんか?

 

人を恨むとより「ストレス」が溜まり反撃してやると思いがちです。

ですが、他人のせいにしても何も良いことはありません。

 

○○さんのアドバイスが・・・

ということがあっても判断したのは「私たち自身」です。

要は自己責任です。

なので一度冷静になり、次はどうするかを考えれば

人を恨む必要がないことに気づけるでしょう。

そうすればストレスも次第に減っていきますよ。

 

 

 

 

以上「頭に来てもアホとは戦うな!読んだ感想とまとめ」でした。

 

頭に来た時にどう対応するかで、その人の人生経験値がわかると僕は思っています。

賢い人ほど、他人をバカにせず、怒らず、上手く利用できるからです。

なので、皆さんも「アホ」との接し方さえ身に付けてしまえば

あとは「自分自身の生き方」を突き進むだけですよ!

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

NG
学びに関する情報をチェック!