注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

Photoshop映り込みイラストの簡単な作成方法[2020最新版]

ここでは「Adobe Photoshop 2020」を使って上記の画像手順を紹介する記事となります。

作成手順が分かりやすいように、9の画像を用いて「分かりやすく」を重視しました。

学べる内容

✔ ペンツールを使った選択

✔ グラデーションを使った映り込み表現

✔ 波模様の映り込み

今回はこれらの要素を使いつつ作成していくので

Photoshopの使い方を勉強したい!

という方は是非一緒に作ってみましょう!

また

taku
映り込みイラスト」を作成してみたいな!

という方は実際に手を動かしながら学んでみるのも良いと思います。

 

作成に使用する画像はPexelsというサイトからダウンロードできるので皆様が使用したい画像を選んでみましょう。

*無制限で無料ダウンロード、メアドなどの新規登録不要です。

 

それでは始めていきましょうか。

映り込みをさせる部分を選択して反転させる

Photoshopで使用する画像を読み込んだら、映り込みさせるものを選択範囲として設定していきます。

「多角形選択ツール」や「クイック選択ツール」で細かく選択していきますが、今回は「ペンツール」を使った選択の仕方を紹介します。

ペンツールを選択して下図のように映り込みさせる対象の輪郭を囲っていきます。

ペンツール-反射

 

選択できたら、「パス」パネルから「◌マーク」をクリックしてパスを選択範囲として読み込みましょう。

ペンツール設定-反射

この「◌マーク(パスを選択範囲として読み込む)」はかなり使用頻度が多いので是非覚えておきましょう。

(この機能を知ってもらいために、今回はペンツールを使用した方法を紹介しました。)

実際にアニメ風イラストなどを作るときにもパスを選択範囲として読み込むことが多く、非常に便利です。

アニメ風イラストの作成方法は下記記事からご覧ください。

Photoshopアニメ風イラストの作成方法を丁寧に解説[2020最新版]

 

選択できたら背景レイヤーが選択されている状態で、Windowsの方は「Ctrl+C」を、Macの方は「Command + C」で選択範囲をコピーして「Ctrl+V」で貼り付けを行います。

そうすると下図のように「レイヤー1」となって、選択した食べ物のみが新規レイヤーとして作成されます。

選択範囲のコピー-反射

 

レイヤー1をもう一つ複製( Ctrl + J )しておき、名前をそれぞれ「食べ物」と「反射」としました。

上下反転-反射

「反射」レイヤーを選択したら「編集」→「変形」→「垂直方向に反転」をクリックして上下反転させます。

これで映り込みに必要な部分を作成することができました。

「反射」レイヤーを移動させたいときは、「Ctrl+T」を押すことで自由に「移動/拡大縮小/回転」を行うことができます。

 

グラデーションや不透明度を変えて映り込みを表現する

あとは非常に簡単で、「反射」レイヤーを選択した状態で「不透明度」を下げて映り込み具合を調整します。

今回は「不透明度:75%」としました。

 

また、単調な映り込みでは違和感があるのでグラデーションをつけて映り込みのクオリティを高めていきます。

レイヤーマスク-反射

「反射」レイヤーを選択した状態でPhotoshop右下からレイヤーマスクを追加します(上図右下の赤枠)。

すると「反射」レイヤーに白色のサムネイルが追加されるので、サムネイルをクリックしてレイヤーマスクを選択状態にしておきましょう。

 

線形グラデーションで映り込みを調整する

ツールバーから「グラデーション」ツールを選択して、グラデーションの色を初期プリセットの「白―黒」と設定します。

グラデーションエディター-反射

設定しOKをクリックしたら、「上から下」へドラッグして「白-黒」のグラデーションマスクを適用しましょう。

適用すると映り込みの色味が変化したのが分かると思います。

 

円形グラデーションで背景色を調整する

今回Photoshopで使用した画像の背景色は白色でしたが、真っ白というのもつまらないので、背景グラデーションを追加します。

「Ctrl+Shift+N」または「⊞マーク」をクリックして新規レイヤーを作成して「背景グラデーション」と名前を変えます。

先ほどと同様に「グラデーション」ツールから「白―黒」のグラデーションを設定したら、「円形グラデーション」を選べましょう。

円形グラデーション-反射

今回は中央から端へドラッグして中央が白く、四端が黒に近づくようにグラデーションを適用させました。

あとは下図を参考に、レイヤーの順番や描画モード、不透明度を変えて調整します。

仕上げ-反射

描画モードは正直好みで選んでもらって構いませんが、「背景グラデーション」レイヤーは「描画モード:スクリーン」、「不透明度:45%」としました。

 

~さいごに~

この映り込みの方法を知って多くと、海と建物を組み合わせて「波模様」の映り込みを作成することができます。

「反射」レイヤーを選択して「フィルター」→「変形」→「波形」から波形ウィンドウを開きます。

映り込みの波-反射

波形の比率を「水平:100%/垂直:1%」とすることで横方向のみの波形にすることができます。

各値は下記のように設定しました。

波形の値

波数:40

 

波長:最小:59  /  最大:803

 

振幅:最小:1   /   最大:141

 

比率:水平:100%  /  垂直:1%

垂直を100%、水平を1%にすることで縦方向の波のみにすることも可能なので値を変えて練習してみてください。

 

また、Photoshopを使って

Photoshop未経験だけど、実践的な内容を効率良くマスターしたい

グラフィックデザインに本格的に取り組みたい

画像編集を実例を交えつつマスターしたい

という方は「株式会社シーモスデザイン」さんの技術系通信講座「Photoshop CC 通信講座」がオススメです。

 

 

お疲れ様でした。

映り込みイラスト
学びに関する情報をチェック!