注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

Photoshopパッチツールを使った肌のレタッチ基礎[2020最新版]

ここでは「Adobe Photoshop 2020」を使って上記の画像手順を紹介する記事となります。

学べる内容

✔ パッチツール

✔ レイヤーマスクとブラシ

✔ ノイズ:ダスト&スクラッチ

今回はこれらの要素を使いつつ作成していくので

Photoshopの使い方を勉強したい!

という方は是非一緒に作ってみましょう!

また

taku
レタッチ」をしてみたい!

という方は実際に手を動かしながら学んでみるのも良いと思います。

 

作成に使用する画像はPexelsというサイトからダウンロードできるので皆様が使用したい画像を選んでみましょう。

*無制限で無料ダウンロード、メアドなどの新規登録不要です。

使用画像は上記サイトから「女性:顔」というキーワードから探すことが可能です。

 

それでは始めていきましょうか。

パッチツールを使って肌のレタッチをする

Photoshopで使用したい画像を読み込んだら、読み込んだ画像を「女性」などと名前を付けておきましょう。

そしたらCtrl+J」でレイヤーを複製してコピーを作成しておきます。

コピーレイヤーを選択した状態で、ツールバーから「パッチツール」を選択しましょう。

パッチツール追加-レタッチ

パッチツールがツールバーに表示されていない場合は「・・・」マークをクリックしてウィンドウを開き、「ツールバーを編集」を押してパッチツールをツールバーに追加しておきましょう。

パッチツールを選択したら

綺麗にしたい箇所をドラッグして囲み

綺麗な場所へ選択範囲をドラッグ

することで肌のレタッチをすることができます。

肌のレタッチ用でレイヤーを分けているため、表示/非表示をON、OFFするとパッチツール有無の違いが良く分かると思います。

パッチツール-レタッチ

レタッチの注意点としてドラッグするときは、なるべく近くの綺麗な箇所を選びましょう。

これは肌のしわや明るさなどの影響を受けて、拡大した時の違和感を少なくするためです。

あとはひたすらパッチツールで肌を調整していきます。

 

ブラシとノイズを使って肌のレタッチをする

パッチツールを使って肌のレタッチをして完了でも基本問題ありませんが、肌の質感を全体的に統一するためにノイズを使って肌のレタッチをしていきます。

 

ブラシツールで肌を選択範囲にする

クイック選択ツールや多角形選択ツール、ペンツールといった様々な選択方法がありますが、今回は「ブラシツール」を使った選択方法を紹介します。

パッチツールを施した「女性コピー」レイヤーを選択した状態で、ツールバーから「クイックマスクモード」を選択しましょう。

すると、パッチツールを施したレイヤーが赤色に変わります。

そうしたら「描画色:黒」、「ブラシツール」を選択して「塗り、不透明度:100%」として肌の領域をブラシで塗っていきます。

ブラシの直径は肌が塗りやすい大きさにしてもらえば構いません。

ブラシ-レタッチ

大まかに肌をブラシツールで塗ることができたら、再びツールバーから「クイックマスクモード」をクリックしましょう。

そうするとクイックマスクモードが解除され、ブラシで塗られた場所が選択範囲として選択させれます。

 

ノイズを使って肌の質感を出す

選択範囲にミスがあったら、クイック選択ツールなどで修正しましょう。

選択範囲が決まったら、コピー&ペーストをして選択した範囲を新規レイヤーとして複製します。

ダスト&スクラッチ-レタッチ

肌の部分のみが表示された「肌」レイヤーを作ることができたら、「Altキー+レイヤーマスクを作成」を押して黒色のレイヤーマスクを作成します。 

もちろん単にレイヤーマスクを選択して、白色のマスクを作り「Ctrl+I」でレイヤーマスクの「白/黒」を反転してもOKです。

あとは「フィルター」→「ノイズ」→「ダスト&スクラッチ」を選択して「半径:25pixel」、「しきい値:8レベル」など適度にノイズを加えましょう。

ブラシツールを描画色:白、不透明度を10~20ほどにしてぼかしを加えたい部分を追加して完成です。

 

~さいごに~

さいごに肌のレタッチ前後でどれほど違うのか見てみましょう。

比率-レタッチ

レタッチ前後でかなりの差があることがわかりますよね?!

是非皆さんも試してみてください!

 

また、Photoshopを使って

Photoshop未経験だけど、実践的な内容を効率良くマスターしたい

グラフィックデザインに本格的に取り組みたい

画像編集を実例を交えつつマスターしたい

という方は「株式会社シーモスデザイン」さんの技術系通信講座「Photoshop CC 通信講座」がオススメです。

 

 

お疲れ様でした。

比率-レタッチ
学びに関する情報をチェック!