注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

Photoshop塗りつぶしツールで隙間をなくす方法~自動選択ツールを上手く使おう

ここでは「Adobe Photoshop 2021」を使って隙間なく塗りつぶしツールを利用する方法を紹介します。

 

皆さんは

塗りつぶしツールを使うときに隙間が出来てしまう

手作業で塗りをするのが大変

といった疑問や壁にぶち当たったことありませんか?

 

この記事では

Fourleafclover_ps

のように隙間なく簡単に塗りつぶす方法を紹介していきます。

方法だけ知っておけばデフォルメ画像製作などにも役立つので、是非最後までご覧になってください。

それでは始めていきましょう。

 

隙間なく塗りつぶす際に使うPhotoshopのツール

まずはPhotoshopで隙間なく塗りつぶすときに使うツールを紹介します。

使用ツール

自動選択ツール(W)

選択範囲の反転(Ctrl+Shift+I Macの方はCtrl→command)

ブラシツール(B)

選択範囲解除(Ctrl+D)

使用ツールは実際に隙間なく塗りつぶす際の順番で表記しました。

 

特に自動選択ツールがイラスト製作においては万能なので、習得は必修です。

 

Photoshop隙間なく塗りつぶす方法

それでは隙間なく塗りつぶす方法を実演してみますね。

 

描いた線画の外側を自動選択

まずは自動選択ツール(W)を使って描いた線画の外側(余白)をクリックします。

afillpattern-ps1

taku
自動選択ツールがないぞ?!

という場合は

オブジェクト選択ツール

クイック選択ツール

に切り替わっていると思うので、このツールアイコン上で左クリック長押しで切り替えることができます。

 

 

ではブラシで塗っていく工程の前にお知らせです。

 

Adobe Photoshopを使って

Photoshop未経験だけど、実践的な内容を効率良くマスターしたい

グラフィックデザインに本格的に取り組みたい

画像編集を実例を交えつつマスターしたい

という方は「株式会社シーモスデザイン」さんの技術系通信講座「Photoshop CC 通信講座」がオススメです。

 

 

スキルを手に入れて副業・転職をしたい方

グラフィックデザインや画像編集をマスターして就職を有利に進めたい方

も是非上記リンクからのぞいてみてください。
 

選択範囲を反転し、ブラシで塗っていく

afillpattern-ps2

続いて、「Ctrl+Shift+I (Macの方はcommand+shift+I)」で選択範囲を反転します。

選択範囲を反転すると、線画の外側が範囲選択されるようになります。

この状態で下に新規レイヤーを作成し、ブラシツールで塗っていくと、きれいに隙間なく塗りつぶすことができます。

 

塗り終わったら、「Ctrl+D (Macの方はcommand+D)」で選択範囲を解除して完成です。

 

複数色での塗りつぶしも簡単になる

afillpattern-ps3

ここからは余談になりますが

選択範囲を反転した状態を保っておき、新規レイヤーを作成します。

新規作成したレイヤーに複数の色を追加していけば、影やハイライトなど簡単に追加できます。

 

デジタルイラストでは非常に使えるので、こちらもオススメです。

今回はここまで!

お疲れ様でした。

afillpattern-top
学びに関する情報をチェック!