注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

[irfanview]画像サイズ変更・画像圧縮・画質変更の方法まとめ

ここではフリーソフト「irfanview」を用いた画像サイズの変更、画像圧縮、画質変更方法を1つの記事にまとめたものです。

 

Webで画像を扱う機会がある方は

画像サイズ変更を変更したい!画質を上げたい

と思うときありますよね。

 

このirfanviewというソフト一つあれば

画像のサイズ変更

画像のサイズ圧縮

画質の変更

ヒストグラムの表示

RGBカラーの変更

といった様々なことに使用することができます。

なのでこの機会に是非、上記の使い方をマスターしてしまいましょう。

 

Irfanviewをインストールしよう

下準備として、まずはフリーソフト「irfanview」をインストールしましょう。

すでにIrfanviewをインストールしている方は飛ばしてもらって構いません。

 

見た目はすごく怪しそうなアイコンですが2年以上使っている著者が安全を保証します。

まずはこちらからダウンロードサイトに飛びましょう。

 

irfan view窓の杜

 

このサイトを開くと下図のような画面になります。

 

irfanview

 

そしたら「窓の杜からダウンロード」をクリック→「ファイルのダウンロードを実行」をクリックしインストールを開始します。

 

Irfanviewの日本語化モジュールをDLしよう

このままでは英語表記なので

irfanview日本語化プラグイン

をダウンロードします。

※上図の「Irfanview日本語化モジュール」というやつ

 

ここで注意が必要で、ダウンロードしたプラグインファイルを

Irfanviewをダウンロードしたフォルダーと同じ場所に入れます。

 

私の場合は、Windows→ Program Files →Irfan viewのフォルダーがありました。

 

無事フォルダーと同じ場所に入れれたら

Optionsタブ→Change language」を選択してjapaneseを選べば日本語版として使用できます。

 

Irfanviewでの画像サイズ変更方法

それではIrfanviewでの「画像サイズ変更」方法を紹介していきます。

その前に基本的な機能として「画像タブ」から以下のことができるので、こちらも確認しておくと良いと思います。

 

画像タブの機能

左へ回転右へ回転

角度を指定して回転

上下反転

左右反転

 

画像のリサイズ/リサンプル

まずは画像を「irfan veiw」までドラッグして開きます。
「画像タブ」を開くと「リサイズ/リサンプル (Ctrl+R)」とあるので開きましょう。

 

resize

このようなウィンドウが開くと思います。

 

ここでウィンドウ左上部の

新規でサイズを指定

から横サイズ、縦サイズを変更することができます。

 

また、標準設定ではサイズ単位が「ピクセル(pixel) 」となっているので、必要に応じて「センチ」や「インチ」に単位を変換してください。

 

編集範囲の選択方法(トリミング)

Irfanviewでは画像の一部だけを範囲指定し、切り取ることができます。(トリミング)

この方法をマスターすると、欲しい部分をピンポイントで使えるので便利です。

それでは実際に操作方法を見ていきましょう。

 

編集範囲詳細選択設定 を使う(Shift + C)

画像をドラッグして開いた状態から

「編集タブ」をクリックし「編集範囲詳細選択設定 (Shift + C)」を選択します。

編集画像選択設定

するとこのウィンドウが開くので、適当な横:縦比率を選択し、「編集範囲を確定(R)」をクリックします。

画像内に四角の枠線が出てくるので欲しい部分に合わせましょう。

 

編集範囲の操作方法

右ドラッグで選択範囲を移動できます。

枠線上にマウスを重ねることで選択範囲の拡大・縮小も可能になっています。

*  左クリックすると選択範囲の拡大になるので注意

 

編集範囲外側を消去する (Ctrl + Y)

選択範囲が定まっている状態で再び「編集タブ」を開き「編集範囲外側を消去( Ctrl+Y)」をクリックすると選択範囲外の画像がすべてなくなります。

これで画像の欲しい場所だけトリミングできたことになりますね。

 

Irfanviewでの画質の向上方法

irfanviewでは画像の色調を変えたり、シャープ処理をすることで画質を向上させることができます。

画質が悪いときに、上記の処理をすることで画質を改善させることが可能です。

画質の変更をするときには基本「画像タブ」で操作をします。

 

色調補正での画質向上

irfanviewでは色調補正ができます。

まずは画像タブから「色調補正」を選択、クリックしましょう。

色調補正

クリックしてウィンドウを開くとこんな感じです。

色調補正について基礎を少し説明します。

 

コントラスト

0が基準値で、-127へ近づくほど灰色へ、127に近づくほど明暗の差が大きくなります。

 

ガンマ

1が基準値で、0に近づくほど黒く、1より大きくなるにつれて白くなる。

1に近い値程、コントラストの高い画像になります。

 

色の濃さ

0が基準値で、-255に近づくほど色の濃さは黒ベースへ、255に近づくほど色の濃度がハッキリします。

 

僕は基本濃淡をハッキリさせたい人なので、色の濃さを「50」くらいまで上げています。

この辺りは、画像によって見やすさが異なるため、この色目が良いなと思う数値を選択してください。

 

表示色を入れ替える

irfanviewでは

RGB色(赤、緑、青の英単語の頭文字)の入れ替え機能

があり、特定の色彩パターンを変化させることができます。

変化パターンは以下の5パターン存在します。

 

IrfanviewのRGB変換パターン

RGB→RBG

RGB→BGR

RGB→BRG

RGB→GRB

RGB→GBR

 

実際に「RGB→BGR」を実行し、実行前後でどのように変化するかを見てみましょう。

flower

 

flower-BGR

「RGB」→「BGR」では、R(赤要素)をB(青要素)へ変換するという意味合いになるので上図のようになります。

色のパターンが変わるため、鮮やかな色目になることもあるので、是非試してみてください。

 

シャープ処理の適用

画像を見やすくするといった観点でirfanviewには「シャープ処理」という機能があります。

シャープ処理をすることで画像が「ハッキリ」と見えるようになります。

 

画像に文字を含む場合や、画質が少し悪いなと思うときに使うと良いです。

この処理は実際に実行して確認してみてください。

 

Irfanviewでの画像圧縮方法

IrfanviewではWeb掲載用に画像を最適化できる機能が備わっています。

基本操作は「ファイルタグ」で行います。

 

Web用

ファイルタグを開き、下の方にある「Web用に最適化して保存(H)」をクリックします。

 

すると以下のウィンドウが開きます。

圧縮

ここで

画面左下の「JPEG」、「GIF」、「PNG」をクリック

することで保存形式(拡張子)を選択することができます。

 

また、写真の上部に

「Initial image 1,227,295 bytes(1.198.53 KiB)」

「Optimized image 21,917 bytes (21.40 KiB)」

と書かれており、画像圧縮前後の変化量がわかります。

 

上記の場合、JPEG形式で画像を保存するとbytes数が50倍程変わることが図からも読み取れますね。

画像サイズ(JPEG、PNG、GIFの特徴)については当サイトでも下記にて紹介しています。

 

Webページ画像サイズの最適化方法と基礎まとめ[JPEG , PNG , GIF]

 

保存形式が決まったら、「Save」をクリックして保存をしましょう。

これで画像圧縮は完了です。

 

以上、irfanviewでの画像サイズ変更・画像圧縮・画質変更方法でした。

 

—追記—

IrfanViewを使ったHEIC形式→JPEG形式の変換方法をまとめました。

taku
iPhoneで撮ったHEIC形式の画像をJPEG形式に変換したい

ときなどに、是非ご覧ください。

 

[IfranView]HEIC形式からJPEG形式に変換する方法

 

画像編集ソフトの使い方はそのソフトの使い方を知ってるだけで、画像を思うように変えることができるます。

今やフリーソフトも多数あるので、この機会に是非使い方をマスターしてしまいましょう。

ただ、画像の保存だけは忘れずに!

保存せずにウィンドウを閉じると、保存されず元の画像に戻ってしまいます。

保存し忘れて「やらかした!」となった経験が自分の多いので注意が必要です。

 

さらに、、、

未経験だけど、実践的な画像編集技術を効率良くマスターしたい

グラフィックデザインに本格的に取り組みたい

画像編集を実例を交えつつマスターしたい

という方は「株式会社シーモスデザイン」さんの技術系通信講座「Photoshop CC 通信講座」がオススメです。

 

 

お疲れ様でした。

 

flower-BGR
学びに関する情報をチェック!