注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

Photoshop 初心者でも分かる簡単なキャラクターロゴの作り方

ここでは「Photoshop 2021」を使った、簡単なキャラクターロゴの作り方を紹介していきます。

 

この記事を読むことで

簡単なキャラクターロゴを作る一連の流れ

キャラクターロゴの各パーツの作り方

キャラクターロゴの各レイヤー構造

を知ることができます。

 

自分オリジナルの簡単なキャラクターロゴの作成ができると、下記動画のように

オリジナル動画のOP

サムネイル画像のアイコン

として使用することができます!

 

このように、簡単なキャラクターロゴを作成できるだけで見栄えするのでオススメです。

それでは早速始めていきましょう。

 

顔の簡単なキャラクターロゴ

 

顔の各パーツを作成する

まずはPhotoshopに、キャラクターロゴの元画像を読み込みます。

読み込ませたら

元画像の不透明度を任意に調整

します。(ここでは不透明度を50%)

ps_logo_charot_01

 

不透明度を下げることで、元画像を参考にしてパーツを作りやすくなります。

 

準備ができたら

長方形ツール > 描画 > 塗り、幅を設定

します。

ps_logo_charot_02

 

今回は長方形ツールを使って

塗り:灰色

輪郭:黒色

として顔のパーツを作成しました。

形は「Ctrl + T」で自由に変形することができるので、作成したいキャラクターロゴの形に合わせましょう。

 

顔のパーツができたら、目などのパーツも同様に楕円形ツール、長方形ツールを使って作成&配置していきます。

ps_logo_charot_03

 

目の色は、レイヤーマスク等の機能を使うと簡単に他色を追加することができます。

 

ps_logo_charot_04

 

他色を追加する場合、下記記事のように隙間なく塗りつぶす手法を利用しても良いと思います。

Photoshop塗りつぶしツールで隙間をなくす方法~自動選択ツールを上手く使おう

 

目に影やハイライトをつけたら

Ctrl + G:グループ化

Ctrl + J:複製

Ctrl + T:自由移動、変形

で両目分のレイヤーを用意して、適切な位置へ配置します。

 

ps_logo_charot_05

 

これで、キャラクターロゴの顔を簡単に作成することができました。

 

頬を追加しキャラクターロゴ感を演出する

単純に、長方形ツールや楕円形ツールを組み合わせただけでは可愛さが足りないので、頬を追加しキャラクターロゴ感を演出していきます。

 

まずは楕円形ツールでピンク色の頬を追加します。

ps_logo_charot_06

 

頬のレイヤーを選択した状態で

右クリック > レイヤーをラスタライズ

をクリックします。

 

ps_logo_charot_07

 

これで楕円形ツールを加工できるので、頬のレイヤーを選択した状態で

フィルター > ぼかし > ぼかし(ガウス)

を選択して、薄っすらと広がりのある頬に仕上げます。

 

ps_logo_charot_08

 

また、「描画モード:スクリーン」など描画モードを変えると演出を変えることができるので、キャラクターにあったモードに変えてみましょう。

 

ps_logo_charot_09

 

自分なりに、納得いくキャラクターロゴができたら完成です!

 

テキスト付のキャラクターロゴ

続いて、テキスト付のキャラクターロゴを作成してみましょう。

 

キャラクターロゴに手を追加する

まずは、テキスト付の看板を持つための手を作成していきます。

 

手は楕円形ツールで作成し

Shift + ドラッグ

することで正円の図形を描くことができます。

ps_logo_charot_10

 

先ほど頬を作成したときと同様に、楕円形ツールで作成した手のレイヤーもラスタライズし

フィルター > ぼかし > ぼかしガウス

を適用させます。

 

ps_logo_charot_11

 

上から光が当たっていると考え、右下に影の色を追加しておくと立体感が増します。

 

ps_logo_charot_12

 

イラストを上手く描ける方は、影や反射光などを使い分けて描いて頂ければと思います。

 

キャラクターロゴにテキストと背景を追加する

キャラクターロゴにテキストを追加する場合の表現方法は多岐にわたると思いますが、今回はテキストをキャラクターロゴに持たせるという形を使います。

 

長方形ツールを選択し、適当なサイズで看板を用意します。

テキストも同様に、テキストツールを使って用意しましょう。

ps_logo_charot_13

 

手を描いたレイヤーは必ずテキストレイヤーよりも上側に置くようにしましょう。

上に置かないと、手を描いたレイヤーがテキスト付の看板で隠れてしまうからです。

 

また、キャラクターロゴに物足りなさを感じた場合は胴体や足を楕円形ツールなどで作成&追加します。

 

ps_logo_charot_14

 

納得できる形でキャラクターロゴとテキストが完成したら、背景を入れましょう。

ここではキャラクターロゴを引き立たせたかったため、円形グラデーションを使用して背景を用意しました。

 

ps_logo_charot_15

 

これでキャラクターロゴの完成です!

 

始めてキャラクターロゴを作成する場合は、1時間ほど必要かもしれませんが、楕円形、長方形ツールに慣れれば30分もかからずにキャラクターロゴを作成できるようになります。

皆さんも是非挑戦してみてください。

 

お疲れ様でした。

ps_logo_charot_topthubnail
学びに関する情報をチェック!