注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

ラズパイ VNCViewerのCannot currently show the desktopを解決してみた

ここではラズパイVNC-Viewerでリモート接続するときに発生するエラーの1つである

Cannot currently show the desktop

を解決する方法を紹介します。

 

raspi-cannotvnc_01

↑この画面のことです。

 

せっかくVNC-Viewerの接続設定をしても、リモートデスクトップ表示できなければ意味がありませんよね。

その中で今回紹介する解決方法は5分もあれば対応可能なので、VNC-Viewerでリモート接続できずに悩んでいる方は是非チャレンジしてみてください。

 

それでは始めていきますね!

 

Cannot currently show the desktopの解決方法

まずはラズパイ側とTeraTermでssh接続できるような環境を用意しておきます。

 

boot/config.txtの編集

ラズパイをssh接続などで接続し、Linuxのコマンドが打てる状況にあったら

sudo nano /boot/config.txt

でboot/configテキストファイルを編集していきます。

 

raspi-cannotvnc_02

 

この中から下図の行を見つけて

# uncomment if hdmi display is not detected and composite is being output
#hdmi_force_hotplug=1

# uncomment to force a specific HDMI mode (this will force VGA)
#hdmi_group=1
#hdmi_mode=1

 

hdmi_force_hotplug = 1

hdmi_group=1
hdmi_mode=1

のコメントアウトを外しましょう。

 

# uncomment if hdmi display is not detected and composite is being output
hdmi_force_hotplug=1

# uncomment to force a specific HDMI mode (this will force VGA)
hdmi_group=1
hdmi_mode=1

.txtファイルを上記のように書き換えれば、VNC-Viewerで接続するための準備は完了です。

 

raspi-cannotvnc_03

 

書き換えが終了したら、「Ctrl+X」をクリックして終了します。

Ctrl + X

 

raspi-cannotvnc_04

 

終了のキーをクリックすると「変更されたバッファを保存しますか?」と表示されるので、「Y」をクリックして「はい」を選択します。

Y

 

raspi-cannotvnc_05

 

最後に「書き込むファイル: /boot/config.txt」と表示されるので「Enter」をクリックして終了します。

Enter

 

これでラズパイをVNC-Viewerでリモート接続できるようになるので、一度「sudo reboot」で再起動をして、リモート接続をしてみましょう。

sudo reboot

 

VNC-Viewerで接続を確認

再起動をかけたら、VNC-Viewerでリモート接続をしてみましょう。

先ほどの修正もあり、しっかりとリモート接続されていることが確認できます。

 

raspi-cannotvnc_06

 

この方法でVNC-Viewerにリモート接続できない場合は、

VNC接続のON/OFFの確認

VNC接続のパッケージの確認(RealVNC)

などを確認してみてください。

 

ラズパイでVNC-Viewerからリモート接続する際に、当記事がお役に立てば幸いです。

お疲れ様でした。

raspi-cannotvnc_topthumbnail
学びに関する情報をチェック!