注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

ラズパイ USB接続の確認方法~8種類まとめ

ここでは「raspberry Pi」を使ったUSB接続の確認方法を「8種類」紹介します。

 

この記事を読むことで

USB接続先のポートを確認する方法

USB接続された時間や接続デバイスを確認する方法

を知ることができます。

 

ラズパイの動作中に

taku
USBポートの接続ちゃんとされてるかな?

といったときに8種類の確認方法を役立ててもらえると幸いです。

 

それでは始めていきますね。

 

ラズパイでtty※※の接続先を確認する

まずはラズパイにUSB接続されたポート名「tty※※」を確認する方法です。

 

ls /devコマンド

まずは「/dev」ディレクトリ直下のデバイスファイルの一覧を表示するコマンドです。

ls /dev

 

USB接続前後でポート名の数が増減(変化)していれば、増減(変化)したポート名が接続しているデバイスと分かります。

下図では、「ttyUSB0」がラズパイに接続しているポート名と分かります。

raspi-connectusb_01

 

ls /dev/tty*コマンド

続いて、「/dev」ディレクトリ直下のデバイスファイルの中から、「tty※※」という表記のポート名を一覧で表示するコマンドです。

ls /dev/tty*

 

USBポートに接続したデバイスは自分の経験上「tty※※」と表示されるので、このコマンドで確認するのがオススメです。

raspi-connectusb_02

 

またこの方法なら

ラズパイに複数USB接続しても、ポート名を一度に全て確認することが可能

という点が最大の利点ですね!

 

ls -l /dev/tty*コマンド

このコマンドはデバイスを認識した日時をリストで表示してくれるコマンドです。

ls -l /dev/tty*

 

USB接続前後で認識日時が変わらなければ、ラズパイ側のUSBポートが故障したか、USB接続したい対象の機器が故障したかということになるでしょう。

raspi-connectusb_03

 

もちろんポート名が分かっていれば「ls -l/dev/ttyUSB0」などとポート名を指定してもOKです。

 

ラズパイでUSBポートの認識を確認する

続いて、ラズパイのUSBポートがUSB接続を認識しているかを確認する方法です。

 

lsusbコマンド

まずはデバイスが認識しているかと、接続デバイスの種類を確認する方法です。

lsusb

 

下図では、接続前と接続後で「Bus 001 Device 005」という記述が追記されていると分かり

raspi-connectusb_04

接続デバイスが「Serial(UART) IC」だと分かりますね。

 

lsusb -tコマンド

このコマンドはラズパイの何番目のポートにUSB接続されているかを確認するコマンドです。

lsusb -t

 

接続前後でコマンドを実行すると「Port1 → Port3」という表示され、USB接続はラズパイの3番目のポートだということが確認できますね。

raspi-connectusb_05

 

ラズパイでUSB接続の確認をする

最後にラズパイへUSB接続されているかの「attach」を確認する方法です。

 

dmesgコマンド

dmesgコマンドはLinux起動時に出力した内容を一覧で表示する方法で、予めUSB接続されていれば接続情報も表示されます。

dmesg

 

実行すると、かなりの行数で起動時の出力内容が表示されます。

raspi-connectusb_06

 

下の方へスクロールしていけば探すことも可能ですが、大変なのでUSB接続の確認にはあまりオススメはしません。

ただし、USB接続の確認も一応可能ということで紹介をしました。

 

dmesg | grep ttyコマンド

こちらは先ほどの「dmesg」コマンドに出力内容を制限したコマンドになります。

dmesg | grep tty

 

実行すると「tty」の出力内容のみが表示されるので、対象を探しやすく便利です。

raspi-connectusb_07

 

またラズパイとの接続状況を確認することができ、上図では

USB Serial Device converter now attached to ttyUSB0

と表示されているので、ttyUSB0に接続されていると確認ができますね!

 

dmesg | grep ttyUSB0コマンド

こちらは「dmesg | grep tty」コマンドにさらに出力内容を指定(制限)したもので、この場合は「ttyUSB0」のポートへ接続されているかを確認します。

dmesg | grep ttyUSB0

 

実際にコマンドを打ち込んでみると、先ほどと同様にttyUSB0に接続されていることが確認できます。

raspi-connectusb_08

 

以上、ラズパイを使ったUSB接続の確認方法~8種類でした。

他にも確認する方法はありますが、これだけ覚えておけばUSB接続の確認は問題ないでしょう。

USB接続の認識等でトラブルがあったら、これらのコマンドを試してみてくださいね。

 

お疲れ様でした。

raspi-connectusb-top-thubnail
学びに関する情報をチェック!