注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

TECH::CAMP(テックキャンプ)大学生が通うメリットデメリットまとめ

TECHCAMPというプログラミングスクールを近年よく耳にしますよね。

Youtube広告で流れていたり、マニアックな方だとTECHCAMPの社長、マコなり社長のYoutubeチャンネルを見ているかもしれません。

そこでこんなこと思ったことありませんか。

 

taku

大学生からTECHCAMPへ行くとどう変化があるのかな?

大学生ならではのメリットってあるのかな?

 

かく言う僕も大学3年生までは上記のように思っていました。

 

そこで今回は大学生がTECHCAMPへ通うメリットとデメリットのみに注目して、徹底的に分析してまとめました。

損得関係を知っておくのは、無料体験や受講時の判断基準になると思います。

また、大学生のメリット&デメリット以外にも下記の項目について詳しくまとめているので興味のある方は是非ご覧くださいね。

 

TECHCAMP 口コミ・評判 徹底リサーチ[2020年最新版]

TECHCAMPの口コミと評判を徹底リサーチ&分析してみた[2020年最新版]

 

TECHCAMPに限らず、大学生の内にプログラミングを学ぶきっかけになると思います。

それでは見ていきましょう!

質問しやすい環境が整っている

success

まずは大学生がTECHCAMPへ通うメリット:その1として「質問環境が整っている」ということがあります。

 

プログラミング学習で挫折しやすい例を挙げるとキリがありませんが

プログラム言語の使い方や理屈が理解できない

という点を解決できるのが大きなメリットだと思います。

 

TECHCAMPではオンラインはもちろん、TECHCAMPの教室に通えるため近場のスクールに通学・通勤後にフラッと立ち寄って「分からない」を解決できます。

質問対応のため教室にはメンターさんが常にスタンバイしており、勉強以外にもエンジニアについてや、学生生活なんかも質問できるのは良いことですよね。

 

大学生なら尚更、学校の講義が終わった後にスクールに通うことで時間の無駄を省き、自分のレベルを高めることができます。

教授の都合で講義が中止になるということも大学生には割とあると思うので、急に暇になったという場合でも教室に通って勉強できるのは強いと思います。

 

大学授業の手助けにも?!

大学生がプログラミングスクールに通うメリットとしては、プログラミングの授業が簡単に思えてくるということです。

これはどういう事かというと、理系大学:工学部では必ずと言っていいほど、C言語を勉強します。

このC言語ですが、言語が違っても考え方と仕組みはどの言語もさほど大差がありません。

唯一変わると言われれば、記述するときの書き方くらいです。

文字列の呼び出し例

C言語:printf(“hello world!\n”);

 

PHP  :echo “hello world!”;

 

なので、大学生の早い時期からTECHCAMPでプログラミングスキルを身に付けておけば、授業なんてものはただのお遊びに変わってしまうと思いますよ。

 

社会人の方とコミュニティを作れる

申し込み

大学生がTECHCAMPに通うメリット:その2として「社会人の方とコミュニティを作れる」ことがあります。

大学生になると、大学内だけでなくサークルやクラブ活動など幅広くコミュニティが増えると思います。

その中でTECHCAMPへ通い、TECHCAMPを受講している社会人の方と仲良くなればコミュニティを増やすことができます。

 

一緒にプログラミングを勉強する仲間として支え合いながら、様々なお話を聞けますよね。

少し話を掘り下げて見てみましょうか。

*話が逸れますが、社会人の方と仲良くなるメリットを紹介します。

大学生の内から政治・経済の話を聞ける

大学生になると一人暮らしをする人や、家庭内で金銭面を何割か負担している学生も多いですよね。

その中で関わってくるのが、日本経済や政治。お金の流れは景気に左右されますから。

自分でニュースを見る習慣がない人だと、詳しく話せる人は少ないでしょう。

そんなときこそ、社会人の方とお話をするのです。

 

僕の場合は

学んだこと

昨今のニュースについて解説

 

世界経済の流れ

 

経営者としてのマインド

を話してくれました。

 

どう役立ったかと聞かれると答えずらいですが、物事の判断基準が変わったなと思います。

 

就職活動でアピールポイントを増やすことができる

これはTECHCAMPに限ったことではありませんが、大学生がTECHCAMPに通うメリット:その3として「就職活動でアピールできる」ということがあります。

就職活動ではほとんどの場合、学生時代に力を入れたこと、すなわちガクチカを聞かれます。

そのときに

taku
研究・部活・サークル・アルバイトに力を入れました

というのはもはやテンプレで人事の方も聞き飽きているでしょう。

 

そんなときに

TECHCAMPというプログラミングスクールに通い、○○というアプリを開発したことです。

と言えたらどうなると思いますか?

 

まず、人事の方の注目を一気に集めることができますよね。

注目さえ集めてしまえばこっちのもので、プログラミング初心者で△△に苦戦していましたが、□□することで乗り越えました。

のように問題解決能力と行動力をアピールできれば就活を有利に進めることができると思います。

 

自分で稼ぐスキルを身に付けることができる

money

大学生がTECHCAMPに通うメリット:その4として「自分で稼ぐスキルを身につけれる」ということです。

ここまでのレベルになるまでには相当の努力と経験が必要でしょうが、Web系言語が扱えると自分で稼ぐことも可能です。

なぜなら、「Webシステム開発」や「HTML5&CSS3」のお仕事が5万円~や10万円~など現在(2020/04/05日)でもCroudWorksに多くの案件が記載されているからです。

 

また、上記の方法だけでなく、TECHCAMPのメンターはTECHCAMPの卒業生という方もいるので、運とタイミングが良ければTECHCAMPで働くこともできる可能背があります。

そう考えると、飲食店や塾講師、接客・受付といったアルバイトよりも高単価で自分のスキルを高めることができるので一石二鳥になりますね。

 

TECHCAMPは受講料金が高い

ここからは大学生がTECHCAMPに通うデメリットを紹介していこうと思います。

上記の通り、TECHCAMPは受講料金が高いです。

現在TECHCAMPの受講料金は

入会費用:198000円

月額:19800(初月無料)

となっており、2019年12月よりも入会費用・月額ともに5万円値上がりしています。

たった4ヶ月でここまで値上がりしており、これからもさらに値上がりすることでしょう。

なので受講料金が高いことは大学生にとってかなりデメリットですが、プログラミングを学ぶ機会を用意できると考えると良いのかもしれません。

要は、考え方の問題で、自己投資に今お金を使うか、娯楽にお金を使うかということだと思います。

 

またTECHCAMPの料金比較についてはこちらで他スクールとも比較しています。

TECHCAMP 料金・価格を内容と紐づけて徹底解説

 

モチベーションの維持が大切

メリットデメリット

大学生がTECHCAMPへ通うデメリットと言い切って良いかは人それぞれになりますが、「モチベーションの維持が大変」ということです。

大学生は暇だとか、時間があるだとか言われますが、それは人それぞれですよね。

これは経験談ですが、大学生の理系/工学部の実験は割と量があり、人によっては多すぎと言っている友人が多いです。

*僕は実験が多くてもブログ更新してましたけどね

なのでモチベーションを維持するのが苦手な人にはTECHCAMPは合わないのかなと思います。

TECHCAMPの学習方針は「自己学習形式」となっており、どのペースで進めるかも全て本人次第です。

辞めるのも、諦めずにチャレンジし続けるのも、責任は全て自分にあります。

なので、モチベーションの維持が得意ではない方はこれがかなりのデメリットになるのではないでしょうか。

 

大学生は確かに暇ですが、暇だから誰でもできるかというと、本人の意志・やる気によって変わるというのが僕個人の見解ですね。

プログラミングのモチベーションを上げるにはどうするのか

またまた本題とは少しズレてしまいますが、プログラミングのモチベーションを上げる一例として面白い実験データを紹介します。

プログラミング学習をこれから本格的に学習しようとする大学生には、是非活用してほしいと思います。

 

ここで紹介するのは2013年度:情報処理学会研究報告の内容で

プログラミング学習の理解度とタイピングに関する関係性

を調べたものになります。

 

この研究によると

C言語タイピングとC言語授業のテストの成績に何かしらの関係がるのか?

・タイピングの速い人ほどテストの成績が良いことが分かった。

引用:プログラミング学習の理解度とソースコードタイピングに関する考察

という研究結果が出ています。

この研究ではC言語についての実験ですが、これはプログラミング学習をする上でも大切だという事にもつながりますよね。

なので、プログラミング学習を始めようと思う大学生で、タイピングがあまり得意ではないという方は是非練習してみましょう。

 

ちなみに、僕が練習で使っていたのは、「e-typing」というサイトでもちろん無料で何度でも練習可能ですよ。

 

*追記 2020/7/30

友人に面白いタイピングを教えてもらったので、さっと紹介です。

動画の音楽に合わせて歌詞をタイピングする「Typing Tube」というものもあります。

単にタイピングするだけではつまらない!

自分の好きな音楽を聴きながらタイピングがしたい!

といった方はこちらを使ってみるのもアリだと思います。

 

ちなみに僕は、友達に勧められてTyping Tubeを始めたら4時間はタイピングをしていました。

好きな曲でタイピングできるのは、面白かったですね。

 

~さいごに~TECHCAMPでプログラミングを学習したい方へ

ここまで大学生がTECHCAMPでプログラミング学習するメリット&デメリットを紹介してきました。

大学生は多くの時間を自由に使える期間です。

そこでTECHCAMPに通ってみようかな?と思ったあなたは、周りよりも一歩前に進めている証拠です。

 

僕も決断を迷うことは沢山ありますが

taku
自分から行動しなければ、今の現状は何も変わらない

これを心に決めているので、リスクを恐れず行動し続けています。

 

なので、もし現状を変えたいと思う方はまずはTECHCAMPの無料体験会から参加してみてはいかがでしょうか。

その一歩を踏みだし今の現状を変えていきましょう。

 

大学生のメリット&デメリット
学びに関する情報をチェック!