注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

ラズパイ 無線LANの設定・優先順位を付ける方法をまとめてみた

ここでは、ラズパイを無線LANに接続するための設定や複数の無線LANに優先順位を付ける方法を紹介します。

 

この記事を書こうと思ったきっかけは、新しいラズパイを使うときに無線LAN設定マニュアルが欲しいと思ったからです。

 

この記事を読むことで

ラズパイでコマンドやGUIから無線LANを設定する方法

複数の無線LANの優先順位を付ける方法

ネットワーク接続時起こるエラー

について知ることができます。

 

ラズパイの初期設定時に複数の無線LANの設定をしておきたい方や、無線LAN設定時にエラーが起きてしまった方の参考になれば幸いです。

 

それでは始めていきましょう。

 

ラズパイの無線LAN設定方法

それでは早速ラズパイの無線LAN設定方法と優先順位の付け方を紹介していきます。

 

コマンドでの無線LAN設定

まずはコマンドから無線LANの設定を行う方法です。

ラズパイの電源をONにしたら、コマンドで以下を実行し、無線LANの設定を記入していきます。

 

sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

 

上記のコマンドをコピーしていただき

コマンド上で右クリック

することでコピーしたものを、貼り付けることができます。

 

これを実行すると、下図のような画面に切り替わります。

raspi-wifiprirority_07

 

切り替わった画面の上部に

・・・・・・
update_config=1
country=GB

とあるので、この下に無線LANの設定を記述していきます。

 

network={

        ssid=" 任意 "

        psk=" 任意 "

        key_mgmt=WPA-PSK

}

 

SSIDとパスワードは接続する無線LANに従って、変えてくださいね。

記述が終わったら

Ctrl + X  (Exit) > Y (Yes)  > Enterキー

と進み

sudo reboot

で再起動しましょう。

 

無線LANに接続できたら完了です。

 

GUIでの無線LAN設定

続いて、GUIでの無線LAN設定方法を紹介します。

モニターにラズパイをつなげるか、VNC Viewerを使ってリモートデスクトップとして接続するかしてGUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェース)で操作していきます。

 

GUI右上部に Wi-Fi 📶 のマークがあるので、選択して

Wireless & Wired Network Settings

をクリックします。

raspiwifipriority-03

 

すると

Network Preferences

という欄が表示されるようになるので

Configure:SSID

SSID名:接続したいSSID

を選択します。

 

raspiwifipriority-04

 

SSIDを選ぶと、アドレス入力欄が表示されるので任意のアドレスを記入しましょう。

 

raspiwifipriority-05

 

「Apply」をクリックして、無線LANに接続できたら完了になります。

 

無線LANの優先順位

家庭用と外出用で家の無線LANとスマホ等のテザリングで無線LANに接続切り替えをしたい場合は、優先度をつけましょう!

 

先ほどと同様に

sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

より優先度を設定をしていきます。

 

raspiwifipriority-06

 

networkの一番下に

priority=○○

と記述すれば、数字を高くした方の優先度が高くなり、複数の無線LANを切り替えられるようになります。

 

ファイルへの記述が終わったら、再起動し、接続ができれば完了となります。

 

無線LAN設定時のエラー

ラズパイの無線LAN設定はコマンドを打ち込むだけなので簡単なのですが、エラーが発生するとかなり厄介なので、エラーハンドリングとして以下にまとめることにしました。

 

無線LAN設定時にエラーが発生し、繋がらないといったときに参考にしていただければと思います。

 

Temporary failure resolving  ‘○○’エラー

無線LAN設定をした後に

$ sudo apt-get update

を実行すると、下記のようなエラー(Err:1 http://○○ buster INRelease)が発生したものになります。

 

temporary-error-01

 

これはネットワーク(wlan0)の問題で

$ sudo dhclient wlan0

を実行するとDHCPサーバーからIPアドレスが割り振られ、ネットワークに繋がるようになりました

 

原因としては

$ sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

でのネットワーク設定ミス。

 

temporary-error-02

 

ミスを直したら、このようにsudo apt-get updateができるようになりました。

 

 

以上、ラズパイの無線LAN設定方法でした。

この記事が皆様のお役に立てば、幸いです。

お疲れ様でした。

raspiwifipriority-top
学びに関する情報をチェック!