注目キーワード
  1. Photoshop
  2. Python
  3. Raspberry Pi
  4. Arduino

Ubuntu Desktopをラズパイへインストールし、VNCでリモート接続してみた

ここでは「Raspberry Pi 4 Model B」へインストールした「Ubuntu Server 20.04.2 LTS」へGUI環境である「Ubuntu Desktop」のインストールからVNCViewerでリモート接続できるようにするまでの手順を紹介します。

 

この記事を読むことで

Ubuntu Desktopをラズパイへインストールする方法

Ubuntu DesktopへVNCからリモート接続する方法

を知ることができます。

 

ラズパイでGUI環境を使用したい方や、Ubuntu Desktopへリモート接続したい方は是非最後までご覧くださいね。

 

それでは早速始めていきましょう!

 

Ubuntu Desktopの環境を準備する

Ubuntuをインストールしたラズパイを起動したら、まずはUbuntu Desktopをインストールしていきましょう。

 

コマンドからubuntu-desktopをインストールする

まずはお馴染みですが、アップデートなどをかけておきます。

sudo apt-get update

sudo apt-get upgrade

 

続いて、今回の本命である「Ubuntu Desktopのパッケージ」を下記コマンドよりインストールを行いましょう。

sudo apt install ubuntu-desktop

 

インストールが完了したら

SSHの接続許可として

sudo apt install ssh

 

SSHのファイアウォールの許可として

sudo ufw allow ssh

 

また、Vinoの管理者権限を外すため

sudo gsettings set org.gnome.Vino require-encryption false

を実行しておきましょう。

 

これらのコマンド実行が終了したら、一度ラズパイをシャットダウンします。

 

GUI表示の環境を準備する

CUIでubuntu-desktopをインストールしたら、実環境でGUIを表示するための環境・モノを準備していきます。

 

GUI環境を準備するのに必要な機材は以下の通りです。

GUI環境で必要なもの・機材

HDMI対応モニター

HDMI to MicroHDMIケーブル

USB有線キーボード

USB有線マウス

 

実際に準備するとこんな感じになります。

ubuntudesktop_rpi06

 

ここまで準備ができたら、ラズパイの電源を入れ直し、モニターにUbuntu のGUI表示がされているか確認をしましょう。

上手く表示されればGUI環境の構築が完了となります。

 

Ubuntu DesktopにVNC接続できるようにする

GUI環境での表示ができたら、別のPCからVNC接続できるように設定を行っていきます。

 

VNC接続をパスワード要求より許可する

デスクトップが表示されていると思うので

右クリック>Settings

をクリックします。

ubuntudesktop_rpi01

 

Settingsをクリックすると、新しく設定ウィンドウが開くので

Settings>Screen Sharing

を選択しましょう。

 

すると、下図のようなにScreen Sharing用のウィンドウが表示されるので

Access Options > Require a password > Password

Newtworks  >  ON

と設定します。

ubuntudesktop_rpi02

 

デフォルトでは「New connections must ask for access」にチェックが入っており

モニターに接続している画面で接続許可をしないといけない

ため、リモート接続する側のPCから簡単にアクセスできるよう、こちらの接続方法にしました。

 

これで、VNC ViewerなどからGUI環境をリモート接続することができます。

 

VNC接続時のその他設定

その他、VNC接続時に設定しておきたい項目をまとめておきます。

 

VNC接続での画面共有サイズ

VNC接続時に共有画面のサイズが適当でない場合があります。

 

その場合は、VNC Viewerの設定マーク⚙から

Scaring > Automatic

に設定しておきましょう。

ubuntudesktop_rpi03

 

Ubuntuのターミナルサイズ変更

Ubuntuのターミナルを開く(Ctrl + Alt + T )と、画面いっぱいに表示され使いにくいこともあります。

 

このような場合は、ターミナルサイズの初期表示サイズを変更しましょう。

Terminal設定画面のメニュー>Edit(編集)>Preference>Initial terminal size

のcolumnsとrowsを任意に変えることで、ターミナルサイズを変更することが可能です。

ubuntudesktop_rpi04

 

Ubuntu Desktopの外観

Ubuntu Desktopの外観も変更可能で

Desktop右クリック>Settings>Appearance

から3パターン選択可能です。

ubuntudesktop_rpi05

 

以上、Ubuntu Desktopをインストールし、VNC接続するまでの一連の操作方法でした。

Ubuntuを触っていると、GUI環境が欲しいときがでてくるので、この記事が参考になれば幸いです。

お疲れ様でした。

ubuntudesktop_rpi_top
学びに関する情報をチェック!